スポンサードリンク

2015年01月27日

確定申告 期限 還付 ガイド

医療費控除の適用を受ける場合に提出する書類には確定申告書のほかにもいくつか添付しなければいけないものがあります。具体的には医療費の明細書や源泉徴収票、医療費の領収書、レシートなどです。また、明細書が必要な医療はその「明細書」と領収書も必要になってきます。医療費の控除で注意したいポイントがいくつかありますが、未払いの医療費についても気をつけたいところです。その年の1月1日から12月31日までの1年間に支払ったもののみが対象になります。治療をその年に受けても支払は翌年、というケースでは医療費の控除も翌年になります。年の瀬を越える治療や入院といったケースでは注意が必要です。医療費控除が当てはまるかどうかを簡単にチェックする方法があります。まず次の2つの項目に当てはまるかどうかをチェックしてみてください。(1)1年間の医療費の支払が10万円を超えている。(2)医療費の支払が10万円以下でも、合計所得金額の5%を超えている。このどちらかに当てはまれば医療費控除が適用されます。ちなみに医療費は家族(同一家計)の分を全て合算できます。


2014年03月12日

確定申告 2014 用紙住宅

2015年の確定申告から白色申告している個人事業主も記帳や帳簿の保存が義務化されるそうですね。親から住宅資金をもらった場合などは住宅資金贈与の申告をする必要があるそうです。通常の贈与でも年間110万円を超えると贈与税がかかりますしね。青色申告による税制上のメリットを考えると、青色申告をやらない手はないですね。

2014年03月02日

医療費控除 確定申告 用紙 ダウンロード 2015

個人事業主の方や不動産所得を得ている方は青色申告を利用して複式簿記で記帳している場合65万円の控除を受けることができます。積極的に活用すべきですね。通院のための交通費も医療費控除の対象になりますが、タクシー代は、やむを得ない場合を除いて認められない傾向にあるようです。一般にはサラリーマンは確定申告をしなくてもいいようになっています。しかし、医療費控除、住宅ローン控除、地震保険控除などの控除には確定申告が必要となるのです。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。